Blogブログ

ダイヤモンド選びの基準 ”4C” とは?

みなさんこんにちは。

エンゲージリングのダイヤモンド選び、やはり大切ですよね!!

本日は、そのダイヤモンドの選び方の基準になる “4C” について簡単にお話ししますね✨

みなさんは ”4C” について説明を聞かれたことがありますか?

ダイヤモンドの選び方の基準となるのが ”4C” です。

・Carat(カラット)
・Color(カラー)
・Clarity(クラリティ)
・Cut(カット)

の4つの要素の頭文字が全てCではじまるので、”4C” と言われています!!世界共通なんですよ。


まず、Carat(カラット)は宝石の重さを表す単位で、1ct(1カラット)は0.2グラムに相当します。

エンゲージリングの場合0.2ctから0.3ct台がよく選ばれています。

0.3ct以上あれば、女性の指を綺麗に見せてくれますし、歳を重ねても似合っていける大きさなのでおすすめです✨


次に、Color(カラー)ですが、無色透明に見えるダイヤモンドも実は極わずかな色調を帯びているんです。

純粋無色を ”D” カラーとして、以降 ”Z” カラーまで分類されています。

ファッションジュエリーとしてはHカラー以上であればほぼ無色とされますが

当店ではエンゲージリングにはD・E・Fカラーをおすすめしています?


次に、Clarity(クラリティ)はダイヤモンドの透明度の等級を表しています。

天然のダイヤモンドは周囲の母石の一部や、小さな鉱物結晶を内包物として取り込んでいます。

それらが少ない程、良質なダイヤモンドになります!

10倍の拡大で無欠点のものを、FL(フローレス)とし、以降 I(インクルーデッド)まで分類されています。

エンゲージリングの目安としては、VSクラス以上であれば、光の反射もさまたげず

内包物が肉眼では見えることはないといわれています?


最後にCut(カット)は、ダイヤモンドが輝くのに一番大切な要素になります!

出典:GIA

カットが浅いと、光が乱反射してしまいダイヤモンドは白っぽく見えてしまいます。

カットが深いと、光が下に抜けてしまいダイヤモンドは暗く小さく見えてしまいます。

理想のカットのダイヤモンドは、上から入ってきた光が内部屈折して全反射します!

この時にダイヤモンドは7色に光輝くんですよー?

カットはExcellent(エクセレント)からPoor(プワー)まで分類されています。

当店のダイヤモンドは、エクセレントカットの中でも、

全体的な形、研磨状態、対称性の正確さの3つの要素が全てエクセレントと評価された

トリプルエクセレントカットというのがほとんどです!

ジュエルセブンでは、ダイヤモンドを拡大して、モニターで一つ一つ確認していただけます。

しっかりと、安心してお選びいただけます✨


また、当店のダイヤモンドはデビアス フォーエバーマークのダイヤモンドです。

世界的にも信頼性の極めて高い品質と美しさを持つダイヤモンドブランドです?

山口県ではこのダイヤを扱えるのはジュエルセブンだけっ!!!

ぜひその美しいダイヤモンドを選びに、また見にきてくださいね。

スムーズにご覧いただくためにはご予約がおすすめです!

少しでもお力になれるよう、皆様のお越しを心よりお待ちしております。