Blogブログ

リングは使っているうちにすり減るの?磨くと削れるの?→やってみました。

はい社長です。

以前10年使った結婚指輪についての記事(こちら)を書きましたところ
社員から「ちゃんと磨いたところまで書いてくださいっ!」と
命令を提案を受けたので約半年ぶりに磨いてみました。

せっかくブログに載せるのでちょっとだけ科学的に検証してみます。

まずは重量計測。100分の1グラムまで計測できるはかりを使います。

現在の重量は4.90グラム。
記憶によれば10年前は5.1グラムあったはずです。
使っている間に自然と磨耗したり、ガンガン磨いたりするとやはり削れていってしまいます。
私の場合は普通に磨くだけでなく、気まぐれでつや消し仕上げにして遊んでいたのも影響があるのかと思います。

さて今回は軽めの磨きで。とはいえきちんと研磨剤をつけてリューターでバフ掛けします。

ウィーン

磨いたら超音波洗浄機でバフかすを落とします。

で、完了。

↓磨く前

↓磨いた後

ピカピカになりました。新品のような輝きです。

ちなみにルーペで拡大して見ると小さな打痕が無数に見えます。

これを消そうとするとかなり地金を削ることになりそうですが、肉眼では見えないのでこの程度の仕上げでOKです。

そして重量測定・・・結構ドキドキします・・・

じゃーん。

 

 

 

 

 

ありま、なんと変わっていません。差は100分の1グラム以下です。
0.02グラムくらい減っているかと思っていたのですが意外な結果となりました。

※職人さんやメーカーさんの手でもっと本格的に磨くと大きく削れてしまう可能性がありますが、
年に一回程度なら気にする必要はないかと思います。
※K18PGで通常より丈夫な鍛造製法のリングでの結果です。
プラチナの鋳造だとこのリングより柔らかいので違う結果になる可能があります。

ということで、ここまでのクリーニングや簡単なお磨きはいつでもジュエルセブン全店でお受けしています。

いつでもお気軽にお申し付けくださいませ。

 

 

関連記事

アーカイブ